健康と睡眠

理想のマットレスの選び方とは!?

投稿日:

マットレスをなんとなくで選んではいませんか?

そんなあなたは、
ちゃんと眠ったはずなのに疲れが取れない・・・
眠るほうが疲れてしまう・・・
になっていませんか?

マットレスは、1日の3分の1を過ごさなければならない大事な寝具。

なのに、店頭でなんとなくゴロンとなって、店員さんの言われるがままに選んでいては、
自分にベストな快眠を得ることは難しいでしょう。

 

理想のマットレスの選び方

体にフィットしたマットレスを選んでいますか?

低反発の軟らかいマットレスだと体が沈んでしまい、寝返りしにくくなってしまいます。
逆に高反発の硬いだけのマットレスだと筋肉が弛緩されず、体が痛くなってしまいます。

横になった際に、腰やお尻などに体重がかかっていませんか?
仰向けで立ち姿になっていることが理想と言われています。

一番望ましいのは、高反発で体圧を分散することができるものを選ぶことです。

 

ベッドフレームを省いて、マットレスに予算をつぎ込む

そもそもの話、ベッドフレームは装飾品にすぎず
眠るために絶対に必要か?といえばさほど必要ではありません。
余計な選択肢が減ることで、全力でマットレスを選ぶことが出来ますよね。

床にマットレスを直接置くのが心配であれば、すのこを敷くのもいいと思います。
軽いマットレスであれば、掃除の度に立てかけておけるので、ベッドフレームがある時よりも清潔を保てるはずです。

ただ、スプリングマットレスや低反発のマットレスでは、重すぎて壁に立てけるのが重労働になり
結局、敷きっぱなしにもなりかねません。

機能性も大事ですが、軽くて持ち運べるのも重視したいですよね。

 

「パートナーと一緒に寝ないほうがいい」なんて昔の話

パートナーが寝返りを打つたびに起きてしまう・・・
そんなマットレスで眠っているのが、根本的な間違い。

振動を吸収するマットレスなら
パートナーがいくら遅い時間にベッドに入ってきたとしても、
どんなに寝返りを打ったとしても、睡眠を妨害されることはありません

 

そんなマットレスは存在するのか?

いままでの流れからでは、スプリングマットレスや低反発マットレスよりも
高反発のウレタンマットレスがすべての条件を満たしていることがわかりました。

しかし、高反発マットレスは、体圧分散性は十分ですが、蒸れやすいのが特徴です。
湿度の高い日本では、蒸れやすくては快眠は不可能ですよね。

 

ここで、当サイトおすすめのマットレスをご紹介したいと思います。

当サイトのマットレスでもご紹介している、次世代マットレス「ビブラート1」をご存知でしょうか?

ビブラート1【価格・効果と口コミ・お得に購入するには?】

ビブラート1 快眠枕「YOKONE2」や光目覚ましの「inti4」等で注目のムーンムーンが8年をかけて開発したマットレス。腰痛、肩こり、背中痛、睡眠負債を解決する日本人専用の次世代マットレスで、体圧分 ...

続きを見る

 

快眠グッズを販売しているムーンムーンが構想8年の歳月をかけて完成させたこの「ビブラート1」は、日本人に適した軟らか過ぎず、硬過ぎもしない適度な弾力の特殊ウレタンを使用。

また、表面が波状になっていることで、蒸れにくく体圧分散性に優れています。
厚さ25cmの贅沢な作りなのに、16.5kgと軽くて壁に立てけやすいのです。

 

「返品・返金あり」も、おすすめの理由です

マットレスは決して安い買い物ではありません。
ムーンムーンの「ビブラート1」は、購入後150日間であれば
マットレスが合わない場合は返品と返金が対応されます。

最小限のリスクで最高の寝心地を試すことが可能なのです。

さらに、購入のタイミングでは、四季を通して試すことができるのです!

今までになかった、次世代マットレスで快眠を手に入れてはいかがでしょうか?

-健康と睡眠

Copyright© いい睡眠 , 2018 All Rights Reserved.